BUNGO~ささやかな欲望~ 作品情報

ぶんごおささやかなよくぼう

文豪たちの隠れた傑作短編小説を映像化

BUNGO~ささやかな欲望~のイメージ画像1
BUNGO~ささやかな欲望~のイメージ画像2

道に迷った不倫カップルが森の中で発見したレストラン。そこには妙な一文が掲げられていた。2人は奇妙に思いながらも、レストランに入るが…。(注文の多い料理店)自分の胸が膨らむ夢に悩まされていた中学生の寛次は、たまたま理髪店の女主人の豊満な乳房を覗き見てしまう。その乳房が忘れられず、寛次は理髪店へと向かうが…。(乳房)間借り暮らしを始めた桑田は、家主の妻の年子が気になって仕方がない。年子の夫が留守の晩、桑田が帰宅すると年子が縄で縛られていた…。(人妻)「福ずし」の看板娘ともよは、常連客の中年紳士・湊に淡い恋心を寄せていた。湊とばったり出会ったともよは、湊から亡き母の鮨にまつわる切なくも美しい思い出話を聞かされる。(鮨)映画館で衝動的にOLの綾子の手を握り、その手を握り返されたことがきっかけとなり、綾子と付き合うことになった大学生の松夫。綾子は誰に対しても、あのような時に手を握り返すのか?不安になった松夫は思わぬ行動に走る。(握った手)戦場で片目を失った信一と見合いで結婚した絹子は、幸せに暮らしていた。しかし、ある日信一から「僕には子供がいるんだ」という衝撃の告白をされ…。(幸福の彼方)

「BUNGO~ささやかな欲望~」の解説

活字離れと言われる現代に、もう一度素晴らしく骨太な物語を発見してもらいたい意を込めて、世界に誇れる文豪たちの隠れた傑作短篇小説を映像化。前シリーズでは「文豪を演る!」というテーマで作家自身を演ずる作品が中心であったが、今回は文豪たちの描くそれぞれの「恋のカタチ」をテーマにしている。普遍的な恋心の中に、日本らしさ、日本人の心、そして情緒溢れる美しい風景を感じてほしい。新進気鋭の監督、脚本家により、可笑しくて、懐かしくて、切ないストーリーが誕生し、そこには鮮やかに和装を纏った演技派女優たちを中心に、更なる彩りが加えられる。(作品資料より)

BUNGO~ささやかな欲望~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年9月29日
キャスト 監督冨永昌敬 西海謙一郎 熊切和嘉 関根光才 山下敦弘 谷口正晃
出演石原さとみ 宮迫博之 水崎綾女 谷村美月 橋本愛 リリー・フランキー 山田孝之 成海璃子 波瑠 三浦貴大
配給 角川映画
制作国 日本(2012)

(C)2012「BUNGO -ささやかな欲望-」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「BUNGO~ささやかな欲望~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:43

広告を非表示にするには