旅愁の都 作品情報

りょしゅうのみやこ

鈴木英夫が監督したメロドラマ

村川信吾は、大阪にある岩下建築事務所の敏腕の若手技師。料亭八汐のマダム波多野テルを通じて、九州の大親分高田勇吉から沖縄に建築する料亭の設計を依頼された。こうした忙がしい毎日で彼の唯一の楽しみは、叔母千加が経営するパーラー、ウィンザーで休息することだった。千加は、東京を離れて単身大阪に来ている信吾を親代りになって世話していた。今日も立ち寄った信吾に、千加は中原弓子を紹介した。弓子は千加の店の求人広告をみて来たのだが、清楚な美しさにひかれた信吾は、千加に弓子を採用するようすすめた。

「旅愁の都」の解説

「香港の夜」の井手俊郎のオリジナル・シナリオを、「その場所に女ありて」の鈴木英夫が監督したメロドラマで、「美貌の都」「愛情の都」につぐ都シリーズの第三作目。撮影は「黒い画集 寒流」の逢沢譲。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木英夫
出演宝田明 乙羽信子 星由里子 中北千枝子 淡路恵子
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「旅愁の都」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:35

広告を非表示にするには