玄海遊侠伝 破れかぶれ 作品情報

げんかいゆうきょうでんやぶれかぶれ

マキノ雅弘が監督した任侠もの

明治の中期。北九州若松。無軌道な男、吉田磯吉は一年ぶりに朝鮮から帰ってきた。それを知ったゴンゾ(沖仲仕)の仲間たちは大歓迎、料理屋大吉楼を営む姉のスエも、顔には表わさないが、喜びはひとしおであった。磯吉はゴンゾの仲間と石炭積みの仕事で人生の再出発。そのころ、博徒太田黒は虎視眈々と利権拡張を狙っていたが、代貸義三郎は磯吉の台頭を利用し、大西組とゴンゾたちを仲たがいさせようと策略。そして、その仲裁にそ知らぬ顔で太田黒が乗り出してくるという寸法。だが、八方破れの体当り戦法で単身乗り込んだ磯吉の男意気に惚れた大西はこの喧嘩を磯吉にあずけた。

「玄海遊侠伝 破れかぶれ」の解説

吉田敬太郎の原作「吉田磯吉翁伝」をもとに「日本女侠伝 真赤な度胸花」の笠原和夫が脚本化し、「女組長」のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は「天狗党」の牧浦地志が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
出演勝新太郎 京マチ子 松方弘樹 大楠道代 南美川洋子 津川雅彦 岸田森 山本麟一 和崎俊哉 美川陽一郎
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「玄海遊侠伝 破れかぶれ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:25

広告を非表示にするには