正義派 作品情報

せいぎは

志賀直哉の名作を渋谷実か監督した文芸篇

東京の下町に住むお京婆さんは、終戦この方、闇屋をしながら、東南バス修理工の一人息子清太郎の将来を楽しみにしてる。頑固だが仲々の人情家。清太郎の先輩で同じ会社の運転手藤田に、安アパートを世話したりする。藤田は親の許さぬ恋人葉子と内縁の結婚をしていたが、彼女が病気がちのため勤めはおろそかになり、同業の友人青木の心配にも拘らず操車監督香川に睨まれていた。お京と幼年からの喧嘩仲間お春と娘町子の一膳飯屋“よし野”。清太郎と町子は幼馴染の上、互に惹かれているが二人共生来の意地っ張り、加えて同居の証券会社勤めで香川の親戚高岡が町子に色目を使っていた。この頃、藤田の父君平太上京の知らせ。お京は同情していくらか貸してやるが…。

「正義派」の解説

志賀直哉の名作“正義派”と“清兵衛と瓢箪”の二作品より「楽天夫人」の斎藤良輔と、久しぶりの馬場当が共同脚色、「女の足あと」の渋谷実か監督する文芸篇。撮影担当は「別れの一本杉」の長岡博之。主な出演者は「白磁の人」の佐田啓二、「太陽とバラ」の久我美子、「雲の墓標より 空ゆかば」の田浦正巳、「いとしい恋人たち」の野漆ひとみ、「こぶしの花の咲くころ」の桑野みゆき、ほかに三好栄子、山内明、望月優子、伊藤雄之助、三井弘次、高橋豊子、山形勲などのヴェテラン陣。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渋谷実
出演三好栄子 田浦正巳 佐田啓二 久我美子 松本克平 望月優子 野添ひとみ 伊藤雄之助
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「正義派」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-29 00:01:09

広告を非表示にするには