へそくり社長 作品情報

へそくりしゃちょう

笠原良三の脚本を千葉泰樹が監督した作品

明和商事の新社長田代善之助が三等社長と呼ばれているのは、総務課長時代に先代社長の令嬢厚子を射止めて、今日の地位を築いたからであろう。善之助は毎朝、先代社長の肖像写真と「仕事に惚れろ、金に惚れろ、女房に惚れろ」と書いた直筆を拝むことにしている。ある日、大阪から厚子の妹未知子が株主総会出席かたがた、お婿さん探しに上京し、善之助の秘書小森信一がお守役を仰せつかった。

「へそくり社長」の解説

「青い果実」の笠原良三のオリジナル・シナリオを「サラリーマン 続・目白三平」の千葉泰樹が監督、「生きものの記録」の中井朝一が撮影を担当した。主なる出演者は「花嫁会議」の森繁久彌、越路吹雪、小林桂樹、「続宮本武蔵」の八千草薫など。「三等重役」「続三等重役」に続くサラリーマン・シリーズ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督千葉泰樹
出演森繁久彌 越路吹雪 小林桂樹 八千草薫 三好栄子 司葉子 井上大助
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「へそくり社長」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:16

広告を非表示にするには