小林多喜二 作品情報

こばやしたきじ

作家・小林多喜二の愛と青春を描く

小林多喜二は、一九〇三年(明治36年)秋田の貧しい農家に生まれ、彼が四歳の時、一家は伯父のいる北海道小樽に移住した。伯父のパン工場で働きながら彼は、小樽商業から高商(商大)へと学んだ。一九二四年(大正13年)北海道拓殖銀行に勤めた多喜二は、帳簿をつける合間に小説を書いていた。二十一歳の年の暮、「やまき屋」で美人の酌婦、田口タキを知った。貧乏ゆえに身を売らねばならなかった十七歳のタキを、彼は愛したばかりでなく、友人から借金して、彼女をわが家にひきとった。数日間、タキは多喜二一家のあたたかい笑いにつつまれていたが、突然、多喜二の深い愛から逃げるように去っていった。大正から昭和にかけてのこの時期は、日本軍国主義の抬頭期であり、治安維持法(一九二五年四月)が制定された。各地で抵抗運動が組織され、時代の鼓動は多喜二の胸を激しくうった。そして、タキへの思慕に苦しみながらも彼は文学にうちこみ、同時に労働者、農民闘争に参加した。

「小林多喜二」の解説

昭和初期の暗い時代に生きたプロレタリア作家・小林多喜二の愛と青春を描く、フィルムによるモニュメント。脚本は勝山俊介、監督は「海軍特別年少兵」の今井正、撮影は中尾駿一郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督今井正
出演山本圭 中野良子 森幹 北林谷栄 南清貴 佐藤オリエ
制作国 日本(1974)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-05

小樽文学館は本編で画かれた様な小説「蟹工船」の作家小林多喜二に関する事が1つのコーナーに色々な資料と共に展示され目玉で在る。運河の有る観光地として賑わう小樽の街に多喜二の面影を想い、偲び、労働者の文藝の薫りを嗅ぐのも又、愉し

最終更新日:2018-11-10 16:00:05

広告を非表示にするには