ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 作品情報

べるせるくおうごんじだいへんすりーこうりん

黄金時代篇3部作完結篇

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨のイメージ画像1
ベルセルク 黄金時代篇III 降臨のイメージ画像2

ガッツたち鷹の団による救出も虚しく、夢を追う術を奪われ全てを失ってしまったグリフィス。そのとき、覇王の卵・ベヘリットがグリフィスの心の叫びに共鳴し、血の涙を流す。異界の門は開かれ、大いなる恐怖「蝕」が始まるのだった。

「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」の解説

1989年にヤングアニマルで連載を開始し、20年以上に渡り連載を続けている三浦建太郎原作の人気漫画「ベルセルク」。現代漫画不朽の傑作として、後の多くのファンタジー作品に影響を与えてきたと言われ、2002年第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞、単行本は国内のみならず米・英・仏・独・伊など、各国のコミックチャートにおいても常に新刊がTOP20へランクイン、ヨーロッパ、アジアのみならず、ロシアや南米など世界中で翻訳版が出版されるなど海外での人気も絶大で、国内外あわせて累計3000万部(35巻まで)を突破する、まさに日本を代表する超大作である。中でも、ファンの間で最も人気が高く、最もドラマチックな展開を見せる“黄金時代”を三部作で映画化。完結篇である本作では、一気にダークファンタジーの深淵へ向かう。(作品資料より)

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年2月1日
キャスト 監督窪岡俊之
原作三浦建太郎
声の出演岩永洋昭 櫻井孝宏 行成とあ 梶裕貴 寿美菜子 矢尾一樹 豊崎愛生 小山力也 三宅健太
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2012)
年齢制限 R-15

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:06

広告を非表示にするには