ルナ 作品情報

るな

世界的なオぺラ歌手である母親とその息子の愛情を中心に、人間の原体験を“月”にシンボライズして描く

南欧の海に面した別荘風の家のべランダ。若く美しい母親カテリーナは、赤ん坊に蜜を与えていたが、途中でレコードをかけて踊り出し、置き去りにされた赤ん坊は、祖母によってあやされた。月日は流れ、赤ん坊は14歳の多感な少年ジョーに成長し、母のカテリーナは、世界的なプリマドンナとして活躍し、夫と共にニューヨークのブルックリン・ハイツに住んでいた。カテリーナが、ローマでのオぺラ公演に出発しようと準備をしている時、同行するはずだった夫が事故死した。ショックを受けたカテリーナは息子ジョーを連れてイタリアに行くことにした。

「ルナ」の解説

製作はジョヴァンニ・べルトルッチ、監潜は「暗殺のオぺラ」のべルナルド・べルトルッチ、脚本はジュゼッぺ・ベルトルッチ、クレア・ぺプローとべルナルド・べルトルッチ、撮影は「地獄の黙示録」のヴィットリオ・ストラーロ、音楽はべルディ、編集はガブリエラ・クリスティアーニ、製作デザインはジャンニ・シルべストリとマリア・パオラ・マイノ、衣裳はリナ・タビアーニ、メーク・アップはジュゼッペ・バンケリが各々担当。出演はジル・クレイバーグ、マシュー・バリー、エリザベータ・カンぺティ、ヴェロニカ・ラザール、ピーター・アイアー、フランコ・チッティ、レナート・サルヴァトーリ、トマス・ミリアン、アリダ・ヴァリなど。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ベルナルド・ベルトルッチ
出演ジル・クレイバーグ マシュー・バリー エリザベータ・カンペティ ヴェロニカ・ラザール ピーター・アイアー
制作国 イタリア(1979)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-27

〈ラスト・エンペラー〉を視ていたら,オリエンタルな雰囲気はさておき,画面の色彩美から本編を連想した。ゆっくりなテンポ,月の妖精見たいなアリダ・バリがまた、妖艶で一際美しかつたね。

最終更新日:2019-11-19 11:00:07

広告を非表示にするには