故郷は緑なりき 感想・レビュー 8件

こきょうはみどりなりき

総合評価5点、「故郷は緑なりき」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「佐久間良子の一ファン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-02-01

小生は、今から56年前、中学生になる春休みに地元の3番館で見ました。佐久間良子さんの美しさに、それ以来大ファンになりました。この映画は、当時の大川博東映社長に佐久間さんが直訴して映画化され、佐久間自身の女優生活の一大転機となりました。30年ほど前に、東京12チャンネルで深夜放送に流れ、録画したビデオが小生のお宝になっています。東京の名画座では、何回か上映されています。2年ほど前に、東京国立近代美術館フィルムセンターで特集「生誕100年 木下忠司の映画音楽」で上映されています。

P.N.「scott」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-22

この映画は中学生の時に見ました。佐久間良子は当時美人でした。映画も最高。その後の自分の人生に影響を受けました。

P.N.「江夏の21球」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-21

 昭和の懐かしい映画です。
田舎のうらぶれた映画館はお客さんも、少なく、モノクロのフィルムは何度も切れていました。  
 それでもいい映画は記憶に色濃く残り、色褪せません。
 その後数々の映画をみていますが、いまだ私にはナンバーワンの位置を占めて譲りません。
 東映ビデオ社に問い合わせましたが、ビデオ化されてません。

P.N.「鹿目純」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-07

青春時代の入口で観た映画で一番強烈な印象を与えてくれました。
主人公の生き方には強く影響を受けました。自分の境遇との共通点があり過ぎたのです。
親たちの反対がある中、私も上京
を決意し苦学の道を歩むのでした。結果は映画と似たような悲しい人生になりましたが、映画のお陰で自分の意思を貫く気骨とロマンの人生を歩む事ができました。

P.N.「江頭火」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-18

遥か青春時代真っ盛りに観た映画の中で忘れることの出来ない一番の映画です。
海彦の行動と自分の行動に照らし
似かよった場面が多く自分のことかと、錯覚させられ海彦に成りきって見ていました。喧嘩に対する海彦の正義感を強く意識させられました。
イジメの問題が多い現代の中でとくにイジメ世代に観せたい映画です。

P.N.「ゴーゴリ五藤」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-05

海彦と雪子が汽車のなかで、見つめ会うシーンはなんといっても圧巻でした。その長さにまず驚くのです。

P.N.「知哉」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-02-25

高校生の頃に観ました。
何故か自分自身の身の回りの出来事のようで、感動し驚きました。
エンディングに雪の記憶の原作名が
ありましたので、原作は図書館で読む事ができました。冬彦の生き方、正義感に感心した私は冬彦と同じ道を歩もうと決心し、九州から東京へ進学したのです。結果は映画のラストと同じあっけない別れがあり残念でした。こちらの冬彦は再会まで5年の歳月がかかり最後は見事にふられ、甘い夢は打ち砕かれました。が、再度観たい映画No.1の価値があります。

P.N.「米山」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-02-12

柏崎は我故郷で15歳の頃田舎の映画館でみて感動した事が今でも忘れない唯一の映画です。また是非観たいと思います。

最終更新日:2018-09-19 00:01:57

広告を非表示にするには