ただいま零匹 作品情報

ただいまぜろひき

朝日新聞に連載した火野葦平の同名小説を山本薩夫が監督した作品

九州大分市の市長園田久一郎は、長い間、市政と市民のためだけに、すべてを捧げつくしてきた。最愛の妻を数年前に失い、息子竹太郎が美喜子という女給と恋に陥って家出したあと、家庭は柔順な娘梅子と忠実な婆やのよねが守っている。市の発展のため、産業道路開発の件で園田は上京したが、結果は思わしくなかった。彼はそんなことより、斬新なアイディアを具体化することに独特な手腕があるようだ。「郊外の高崎山に、日本猿を野放しにした自然公園をつくったら、市民税も軽くなるだろう」、そう思いつくと、園田は早速実行に移った。

「ただいま零匹」の解説

「台風騒動記」に次ぐまどか・グループ第四回自主作品。脚色は「台風騒動記」の共同脚色者の一人山形雄策、監督は「道(1956)」の藤原杉雄、撮影は「倖せは俺等のねがい」の荒牧正。主な出演者は「鯨と斗う男」の佐野周二、「土砂降り」の佐田啓二、「処女」の田代百合子、中川弘子、「青い花の流れ」の岡田茉莉子、宮城千賀子。ほかに片山明彦、坂本武、浦辺粂子、朝霧鏡子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山本薩夫
出演佐野周二 片山明彦 田代百合子 岡田茉莉子 中川弘子
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「永田ジャック」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-21

子供の頃撮影があった現場を良く覚えています、最近になって、あの映画を見ていない人が多くいることが分かりました。地元自治会としても、地域活性化のためにも是非、見てみたい機運が高まっております。どうしたら、50年以上前の映画を見ることが出来るのでしょうか。

最終更新日:2018-12-02 00:01:57

広告を非表示にするには