魔子恐るべし 作品情報

まこおそるべし

宮本幹也の原作を鈴木英夫が監督した作品

八カ岳の野性女魔子は、道に迷って知り合った画家福田を求めて、初めて都会に出た。途中、車中で同席した新宿の与太者山カンこと山村寒三はマコを温泉マークのホテルに連れこんで毒牙に掛けようとするが、新宿のボス井田の子分ノミ健等の襲来に殴り倒され、反対にマコに介抱された。マコの純真無垢に感激した山村は、マコの父の言いつけでマコを監視する神出鬼没の術の持主茂助と協力して、マコの美しい肢体を狙う井田親分やストリップ演出家丸目昆太の手から守ろうとする。

「魔子恐るべし」の解説

東京タイムズに連載された宮本幹也の原作を、「芸者小夏」の梅田晴夫が脚色し、「若い瞳」の鈴木英夫が東宝入社第一回作品として監督する。撮影は新人鈴木斌夫、音楽は「若い瞳」の松井八郎。出演者は「さらばラバウル」の根岸明美、「芸者小夏」の森繁弥、「大阪の宿」の藤原釜足のほか、新人藤木悠など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木英夫
出演根岸明美 伊豆肇 藤原釜足 森繁久彌 加東大介 藤木悠 小杉義男
制作国 日本(1954)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「魔子恐るべし」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-01 00:01:04

広告を非表示にするには