TOMORROW 明日 作品情報

とぅもろうあした

1945年8月8日、長崎に原爆が投下される前日から翌朝までの日常風景を描く

1945年8月8日の長崎で、一組の結婚式が行われようとしていた。花嫁は看護婦のヤエ、花婿は工員の中川庄治だった。戦時下ゆえいつ空襲になるかわからないこともあり、つつましやかに取り行われた。写真を撮り終えたところで姉のツル子が陣痛を訴えた。ヤエの同僚の亜矢は妊娠3ヵ月だったが、恋人の高谷藤雄は呉へ行ったきり音沙汰がなかった。ツル子の家には産婆がやってきて、「産まれるのは夜になるだろう」と言った。

「TOMORROW 明日」の解説

井上光晴原作の小説『明日・1945年8月8日・長崎』の映画化で、脚本は黒木和雄と井上正子、「危険な女たち」の竹内銃一郎が共同で執筆。監督は「泪橋」の黒木、撮影は「アラカルト・カンパニー」の鈴木達夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督黒木和雄
出演桃井かおり 南果歩 仙道敦子 黒田アーサー 佐野史郎 岡野進一郎 長門裕之 殿山泰司
制作国 日本(1988)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「TOMORROW 明日」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-07 00:01:10

広告を非表示にするには