出獄四十八時間 作品情報

しゅつごくよんじゅうはちじかん

吉田哲郎のシナリオを森一生が監督したアクションもの

服役を終えた元刑事五郎は、自分に無実の罪を着せた暴力団組長久住が、四十八時間後に拳銃密輸をすると、かつての同僚加山刑事から知らされた。復讐の念を燃やす五郎は、不良船員から拳銃を買うと久住を追って波止場や盛り場をさまよった。やがて、五郎は自分に不利な偽証をした浜本を追求したが、真相はつかめなかった。浜本と久住の関係をハレンチ娘まゆみから聞いた五郎は、浜本の後をつけた。

「出獄四十八時間」の解説

「座頭市喧嘩太鼓」の吉田哲郎がシナリオを執筆し、「秘録おんな蔵」の森一生がメガホンをとったアクションもの。撮影は「座頭市果し状」の宮川一夫が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演峰岸徹 大楠道代 長谷川明男 松岡きっこ 戸浦六宏 神田隆
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「出獄四十八時間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:56

広告を非表示にするには