33号車応答なし 作品情報

さんじゅうさんごうしゃおうとうなし

谷口千吉と池田一朗の共同によるオリジナル・シナリオを谷口千吉が監督

クリスマス・イヴの宵、パトロール・カー乗務警官村上は夜間勤務に当っていたが、妻の敦子は不満に思っていた。村上は同僚の原田と三三号車に乗り込んだが、八十粁の超スピードで飛ばして行く車と出会った。サイレンを鳴らして追いつくと、乗客は若い娘だったので、ほっとして運転手に注意した。色々な事件に遭遇しながらパトロールを続けているうち、代々木で運転手の他殺体が発見され、アンテナ付きの自動車の玩具が落ちているとの警報を受け、村上と原田は驚いた。つい先刻スピード違反を注意した運転手がアンテナ付自動車を所持していたからである。

「33号車応答なし」の解説

「潮騒(1954)」の谷口千吉と「麦笛」の池田一朗の共同によるオリジナル・シナリオを谷口千吉が監督する。撮影は「大番頭小番頭(1955)」の山田一夫、音楽は「愛と死の谷間」の芥川也寸志の担当である。出演者は「大番頭小番頭(1955)」の池部良、「雪の炎」の司葉子、「ゴジラの逆襲」の志村喬、「麦笛」の中北千枝子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督谷口千吉
出演池部良 志村喬 清水元 千葉一郎 村上冬樹 大村千吉 司葉子
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「33号車応答なし」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-26 00:01:56

広告を非表示にするには