セックス・チェック 第二の性 作品情報

せっくすちぇっくだいにのせい

寺内大吉の原作「すぷりんたあ」を、増村保造が監督

陸上百メートルのスプリンター南雲ひろ子は、コーチ宮路のもとで毎日猛訓練をつづけていた。宮路は、ひろ子が好記録を出すためには、女の中に潜んでいる男の能力をゆり起すこと、徹底的にエゴイストになることをアドバイスしていた。その指導通り、ひろ子は毎朝、ひげ剃りを欠かさなかったし、男性になり切ろうと努めた。第一回の記録会の日、日本記録に〇秒一せまる十一秒七の好記録を出したのだ。ひろ子をメキシコ・オリンピックで優勝させようとする宮路は、この結果に喜んだ。

「セックス・チェック 第二の性」の解説

寺内大吉の原作「すぷりんたあ」(「オール読物」所載)を、「毒薬の匂う女」の池田一朗が脚色、「大悪党」の増村保造が監督した。撮影は「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の喜多崎晃。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督増村保造
出演大楠道代 緒形拳 小川真由美 滝田裕介 早川雄三 笠原玲子 仁木多鶴子
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「セックス・チェック 第二の性」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-13 00:01:05

広告を非表示にするには