あした晴れるか 作品情報

あしたはれるか

菊村到の原作を中平康が監督した明朗篇

秋葉原のヤッチャバ(東京青果市場)につとめる三杉耕平は写真大学を卒業、本職はカメラの方である。その耕平は、ある日、桜フィルムの宣伝部長宇野から“東京探検”というテーマで仕事を依頼された。そして耕平の一切の面倒をみる担当として、宣伝部員の矢巻みはるをつけられた。みはるは大変な才女で耕平にとっては全くの苦手だった。その上バー“ホブーブ”の女給セツ子も耕平を追いかけ廻しているので苦手が二人できたわけだ。その夜宇野に連れていかれたバーでみはるが愚連隊に因縁をつけられたが偶然通りかかったみはるのいとこ昌一によって救われた。翌朝耕平は目をさまして仰天した。みはるの家に泊ってしまったのだ。そのみはるには、しのぶという美しい姉がいた。しのぶは、美容学を研究しているおしゃれな下田に眩惑されていた。

「あした晴れるか」の解説

東京新聞に連載した菊村到の原作を「静かな脱獄者」の池田一朗と中平康が共同で脚色し、「地図のない町」の中平康が監督した明朗篇。撮影は「疾風小僧」の岩佐一泉。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中平康
出演石原裕次郎 三島雅夫 清川玉枝 芦川いづみ 渡辺美佐子 杉山俊夫
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「あした晴れるか」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-10 00:01:04

広告を非表示にするには