最後の手紙 作品情報

さいごのてがみ

ワイズマンが、女優カトリーヌ・サミィのために脚色した、小説「人生と運命」の一章を映画化

1941年、ウクライナ、ゲットーのユダヤたちはナチによって全員殺されることになった。迫りくる恐怖の中、年老いた女医アンナ・セミョーノワは、ナチの手を逃れた息子に宛てた手紙を口述筆記する。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督フレデリック・ワイズマン

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「最後の手紙」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:05

広告を非表示にするには