目白三平物語 うちの女房 作品情報

めじろさんぺいものがたりうちのにょうぼう

平凡な庶民生活の中にあふれるユーモアを描いた中村武志の『サラリーマン・目白三平』を鈴木英夫が監督したもの

目白三平は或る日、骨抜きに箱根へ出かけそこで失恋の挙句自殺をしにきた青年大塚耕一を知り、慰めてやる。女房の文子は品川夫人に、箱根でクラス会を開くから一緒にと誘われる。ところが相談をうけた三平は近所のドライ娘雪子との約束が気になり文子の話にも上の空、電子と踊る三平は女房の娘時代を想い出すうちよろめいてシャツに口紅をつけてしまう。家に帰って早速文子に難詰されるが、試しに踊っているうちに昔を想い出す。子供の春木と冬木があきれてみている。ある日曜日、三平は雪子の相談をうけた。実は彼女には“おじさま”がいるのだが、その後お見合した青年が好きになり結婚まで進んだけど、過去を告白すべきか、そして彼に会ってほしいと言う。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木英夫
出演佐野周二 望月優子 杉本修 日吉としやす 如月寛多
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「目白三平物語 うちの女房」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:52

広告を非表示にするには