新吾十番勝負 作品情報

しんごじゅうばんしょうぶ

川口松太郎の同名小説を松田定次が監督した娯楽時代劇

物ごころついた頃から武州大台ケ原の真崎道場にあって、梅井多門と真崎庄三郎にいつくしまれて育った新吾は、近所の娘お縫に云いよる黒田藩の武士五人を斬り、黒田藩に出頭を命じられた。そこで新吾は多門から自分の出生の秘密を聞かされた。彼は紀州五十五万石の三男頼方公の子だったのだ。--十数年前、頼方は試し斬りで町人越前屋半六を刀にかけた。半六の娘お長と、彼女と末を誓った番頭庄三郎は、頼方の仇と狙ったが、かえってお長は頼方公と結ばれ、美女丸という子を生んだ。失意の庄三郎は多門にひろわれ、復讐のため剣の教えをうけ武士となった。頼方は間もなく紀州本家を相続して吉宗となり、お長はお鯉の方となった。庄三郎はお長いとしさのあまり美女丸を盗み出した。それが今の新吾なのだ。彼が将軍家の子と知った黒田藩の態度は一変した。

「新吾十番勝負」の解説

川口松太郎の同名小説を、川口松太郎自身が脚色、「丹下左膳 怒濤篇」の松田定次が監督した娯楽時代劇。撮影は「忠臣蔵(1959)」の川崎新太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松田定次
出演大川橋蔵 岡田英次 長谷川裕見子 桜町弘子 山形勲 月形龍之介
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「新吾十番勝負」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:41

広告を非表示にするには