大阪物語('57) 作品情報

おおさかものがたり

井原西鶴の『日本永代蔵』『当世胸算用』などのエピソードから故溝口健二が原作を書き吉村公三郎が監督した作品

元禄の頃。東近江の水呑百姓仁兵衛は、年貢米を納められぬままに代官所の催促に堪えかね地主にすがろうと、女房のお筆と二人の子供を連れ大阪へ夜逃げした。が地主の蔵元、花屋で玄関払いを喰って当てもなく去る。一度は一家心中を決意した仁兵衛だが船から米俵を荷揚げする土佐堀川の岸で、こぼれ米を拾って露命をつなぐことを覚えた。そして十年筒落米を拾った仁兵衛は、それが積り積って今は堺筋に近江屋を名のる茶屋を副業の両替屋に出世した。

「大阪物語('57)」の解説

井原西鶴の『日本永代蔵』『当世胸算用』『萬の文反古』などのエピソードから故溝口健二が原作を書き依田義賢が脚色、これを溝口監督が手がけるところ、同監督の急逝により「四十八歳の抵抗」の吉村公三郎が変って監督する。撮影担当は「月形半平太(1956)」の杉山公平。主な出演者は「編笠権八」の市川雷蔵、「信号は赤だ」の勝新太郎、林成年、「嵐の中の男」の香川京子、「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の小野道子、「君を愛す」の三益愛子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督吉村公三郎
出演市川雷蔵 香川京子 勝新太郎 小野道子 林成年 中村玉緒 三益愛子
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大阪物語('57)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-03 00:01:19

広告を非表示にするには