パリの哀愁 作品情報

ぱりのあいしゅう

パリを舞台に、日本人の青年とフランス人の人妻の悲恋を描く

パリへ留学中の画学生滝村二郎はふとしたことから、美しい人妻マリー・ローランと知り合い、愛するようになった。マリーの夫ジャンは、密輸で金もうけをしている悪徳業者で、異常に嫉妬深く、常に腹心の運転手マックスにマリーの後を尾けさせていた。二郎に二度と会わない決心をしていたマリーだが、二郎がマックスに傷つけられたために、心配して再会、シャンティの城にピクニックに行く約束をした。日曜日。二人はなだらかな風景を走り抜け、シャンティの城に着いた。森の中で唇を求め合う二郎とマリー。二郎がアパートに帰ると、日本から幼友達の伊都子が、ツアーの途中に立ち寄っていた。二郎は久しぶりに会う伊都子との会話の中にも、マリーの面影が離れなかった。ある日、二郎はとうとうジャンが居るのも構わずローラン邸を訪れた。

「パリの哀愁」の解説

脚本は「がんばれ!若大将」の田波靖男と「三億円をつかまえろ」の菊島隆三、監督は「沖田総司」の出目昌伸、撮影は「黒薔薇昇天」の姫田真佐久がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督出目昌伸
出演沢田研二 クローディーヌ・オージェ 浅野真弓 イヴ・バルサック 大滝秀治 大口弘
制作国 日本(1976)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「パリの哀愁」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-29 00:01:09

広告を非表示にするには