出撃 作品情報

しゅつげき

滝沢英輔が監督した戦争もの

太平洋戦争も末期、知覧特攻基地から第七次特攻隊が出撃して行った。その午後、川道少尉をはじめ各地から特攻員達が集って来た。死を目前に隊員達は陽気だった。なかでも少年飛行兵出身の桐原軍曹は人気者で、有村という女学生から贈られた鈴を大事に胸に下げていた。そんな頃、川道少尉の新妻一枝が知覧にやってきた。それを知った大木隊長は、川道の外泊を許可してやるのだった。翌朝、第八次特攻の命が下った。一枝や勤労動員の女学生有村の見送る中、特攻隊は出撃していった。だが、間もなく川道機と桐原機は機の故障で帰って来た。

「出撃」の解説

高木俊郎の原作を「喜劇 陽気な未亡人」の八住利雄が脚色「霧子のタンゴ」の滝沢英輔が監督した戦争もの。撮影は「浅草の灯 踊子物語」の横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督滝沢英輔
出演伊藤孝雄 平田大三郎 金井進二 山根久幸 嶺田則夫 石森武雄 糸賀靖雄
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「出撃」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:31

広告を非表示にするには