タナトス 作品情報

たなとす

絶望の淵から這い上がる男たちの熱い闘いを描いた青春ボクシング巨編

暴走族抗争の助っ人として、その日暮らしの生活費を稼ぐ、孤独な不良少年・リク。いつものようにケンカに加勢していた彼は、偶然にも「西田ボクシングジム」所属のアマチュア・ボクサー、棚夫木と出会ってしまう。たった一発のパンチで、腕に自信のあったリクを倒してしまう棚夫木は、プロとして将来を有望視されていながら、脳に障害を持つ理由から、日本でのボクサー生命を絶たなければならなかったのだ。初めてケンカに負けた悔しさから、「西田ボクシングジム」の門を叩き、持ち前の“攻撃本能=タナトス”からボクサーとしての才能を開花させていくリク。一方、ジム会長の勧めから、メキシコでの再起を懸けたプロデビューを目指す棚夫木。目指す道は違っても、拳で未来をつかみ取ろうとする意味でライバルとなった、2人の想いが激しくぶつかり合う。

「タナトス」の解説

元WBA世界ミドル級チャンピオンの竹原慎二が原案を務める人気ボクシング・コミック「タナトス~むしけらの拳~」を実写映画化。主人公・リクを演じるのは、各分野で幅広い活躍をしている徳山秀典。ボクシング経験者である彼は、撮影前の過酷なトレーニングで見事な肉体美を作り上げただけでなく、クライマックスには“ボクシングの聖地”である後楽園ホールに立ち、息を呑むほどの死闘を繰り広げる。ライバルの天才ボクサー棚夫木役には、『少年メリケンサック』の佐藤祐基。2人の共演は「仮面ライダーカブト」以来。また、竹原慎二のほか、ガッツ石松、輪島功一、薬師寺保栄らの歴代チャンピオンたちがゲスト出演しており、オールドボクシングファンも楽しめる作品に仕上がっている。監督は、エンタテイメント作品を次々に手掛け、“ポスト三池崇史”として業界注目の新進気鋭・城定秀夫。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年9月10日
キャスト 監督・脚本城定秀夫
原作竹原慎二 落合裕介
出演徳山秀典 佐藤祐基 平愛梨 渋川清彦 古川雄大 大嶋宏成 大口兼悟 斉藤一平 白石朋也 秋本奈緒美 升毅 梅沢富美男
配給 ユナイテッド・エンタテインメント
制作国 日本(2011)

(C)2011 竹原慎二・落合裕介・小学館/「タナトス」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「タナトス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:28

広告を非表示にするには