スイッチを押すとき 作品情報

すいっちをおすとき

人は希望を失うと“スイッチ”を押したくなる。山田悠介の人気小説、待望の映像化

スイッチを押すときのイメージ画像1
スイッチを押すときのイメージ画像2

20XX年、青少年の自殺制御のため、政府はプロジェクトを発足する。全国から子供たちを無差別に選出して監禁し、行動を観察するのだ。心臓には起爆装置が埋め込まれ、スイッチを押せば一瞬で自殺ができる。多くの子供たちがスイッチを押し、政府のプロジェクトは成功したが、YSC横須賀の6人の子供たちだけが生き残っていた。ある日、新任監視員、南洋平がYSC横須賀に転任してくる。「君たちを救いたい」と南は言うが…。

「スイッチを押すとき」の解説

山田悠介原作の人気ライトノベル「スイッチを押すとき」を、舞台、ドラマに続いて映画化。自殺制御プロジェクトの犠牲になった10代の少年、少女たちと謎の監視員、南洋平との心理戦から始まる近未来ヒューマン・サスペンス。少年たちに心を開いて近付いた南洋平こそ、YSCに送り込まれた最終兵器。絶望に関する哲学から、監視員のトップに登り詰めた南だが、ある弱点から立場が一変する。出演は、小出恵介、水沢エレナ、福士誠治、西村雅彦ほか。「人は絶望の中では自殺しない。希望を失った時に自殺する」という名セリフが、荒唐無稽のストーリーにリアリティーを与えている。監督は『アバター』に続き、山田作品を手掛ける中島良。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年9月17日
キャスト 監督中島良
原作山田悠介
出演小出恵介 水沢エレナ 佐野和真 真司郎 阪本奨悟 太賀 菅野莉央 福士誠治 鈴木砂羽 小倉久寛 田中哲司 西村雅彦
配給 フェイス・トゥ・フェイス/リベロ
制作国 日本(2011)
年齢制限 PG-12
上映時間 110分

(C)2011山田悠介/「スイッチを押すとき」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「スイッチを押すとき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:27

広告を非表示にするには