母('63) 作品情報

はは

原作、脚色、監督ともに「人間」の新藤兼人が担当した、社会ドラマ

吉田民子は三十二才。極道者の二度目の夫からのがれて、息子の利夫をつれてとび出した。しかしその息子も、脳腫瘍と診断され、途方にくれた。民子は母の芳枝に手術代を無心したが「治らないとわかっている病気に金を使うのは無駄だ」ととりあわず、はては、「もう一度結婚して男から金を出して貰え」というのだった。民子は母のいうなりに田島という韓国人の印刷屋と三度目の結婚をした。田島は利夫の手術代を出してくれ「おれと一緒にいつまで辛棒してくれ」と民子を労わった。民子も「この人とはどうしてもうまくやらなければ」と自分を励ましていた。完全に治癒したと思っていた利夫の病気が又再発した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督新藤兼人
出演乙羽信子 杉村春子 高橋幸治 加藤武 殿山泰司 頭師佳孝 横山靖子
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「母('63)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-22 00:01:05

広告を非表示にするには