恋にいのちを 作品情報

こいにいのちを

「偽大学生」の増村保造が監督したメロドラマ

加納清司は、父義次の友人、花田の経営する自由政治社の記者となった。一人娘いずみとの結婚話が持ち上った。だが、清司の心は重かった。雑誌の編集方針が極端に右へ傾いていることへの疑惑だった。いずみを愛することもできなかった。さらに、父の義次が行方不明になっていることもあった。たまたま、料亭猿若苑の一人娘美琴と知り合い、彼女に惹かれた。ある夜、竹林志津子と名のる女が清司の許を訪れた。「お父さまは私のところにいます。明晩終列車で甲府へ……」と言った。列車の中でようやく義次を見つけた時、義次の背後にいた男が拳銃で彼を倒した。

「恋にいのちを」の解説

川内康範の週刊誌連載小説を、原作者と下村菊雄が共同で脚色し、「偽大学生」の増村保造が監督したメロドラマ。撮影は「顔(1960)」の小原譲治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督増村保造
出演藤巻潤 大山健二 江波杏子 水戸光子 浜村純
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「恋にいのちを」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-10 00:01:53

広告を非表示にするには