悪太郎伝 悪い星の下でも 作品情報

あくたろうでんわるいほしのしたでも

鈴木清順が監督した“悪太郎伝”シリーズ第一作

昭和初期、鈴木重吉は河内平野で生れ育った。貧農で酒と喧嘩軍鶏にうつつをぬかす父親重兵衛の、反対を退けて第三高等学校に入るため、重吉は八尾中学に進んだ。学費のたしに中川牧場の牛乳配達を始めた。ある日、中学で重吉ら四年A組の全員が、風紀部委員に呼び出しをくった。特にA組の三島義夫は、夜若い女と歩いたという科で、制裁を受けた。重吉は三島に同情したが、風紀委員の大岡が、三島の従妹の女学生種子に横恋慕した腹いせに、三島を苦しめたのを知ると、重吉は、大岡に剣道の試合を申し込み、万座の中で大岡に恥をかかせた。五月、重吉は三島に招かれて、彼の家を訪問したが、三島が友人と悪ふざけをするのを見た重吉は、席を立った。だが重吉は玄関で会った三島の妹鈴子に強く魅かれた。

「悪太郎伝 悪い星の下でも」の解説

今東光の原作を「日本一のゴマすり男」の笠原良三が脚色「春婦伝」の鈴木清順が監督した“悪太郎伝”シリーズ第一作。撮影もコンビの永塚一栄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演山内賢 多々良純 初井言栄 和泉雅子
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「悪太郎伝 悪い星の下でも」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:03:35

広告を非表示にするには