あの手この手(’52) 作品情報

あのてこのて

京都伸夫作連続ラジオドラマ『アコの贈物』の映画化

大阪郊外あやめケ池の住宅地。--H大の万年助教授鳥羽さんは新聞社の文化部顧問、身の上相談担当者、婦人同盟役員、家事審判所調停員、加えて某女学校講師という近子夫人の前に頭が上らない。上らないままに保たれていた勢力均衡は、近子夫人の姪で三重の実家を飛出してきたアコちゃんなる闖入者によって、俄然、破られた。

「あの手この手(’52)」の解説

朝日放送の連続ラジオドラマ、京都伸夫作『アコの贈物』の映画化で、企画は「大仏開眼」の辻久一。脚色監督を「足にさわった女(1952)」の市川崑が担当し、共同脚色は和田夏十、音楽黛敏郎、ともに「足にさわった女(1952)」の顔ぶれである。撮影は「腰抜け巌流島」の武田千吉郎。「二つの処女線」の久我美子、「牛若丸」の水戸光子、「千羽鶴(1953)」の森雅之、「勘太郎月夜唄」の堀雄二らをたすけて津村悠子、望月優子、大伴千春、伊藤雄之助、平井岐代子、近衛敏明、荒木忍等が助演する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督市川崑
出演久我美子 水戸光子 堀雄二 森雅之
制作国 日本(1952)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「あの手この手(’52)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-08-13 00:01:51

広告を非表示にするには