第三の影武者 作品情報

だいさんのかげむしゃ

「やくざの勲章」の井上梅次が監督した残酷時代劇

下剋上の戦国時代、飛騨の貧乏郷士の伜杏之助もまた一国一城の主を夢みる若者の一人だった。ある日やって来た池本家の軍監と称する篠村左平太によって、杏之助は三谷城城主池本安高の三番目の影武者として召し抱えられた。三カ月余影武者としての厳しい訓練が重ねられ、とりわけ安高に酷似している杏之助に対するそれは過酷なもので、ついには安高の近習頭も見極めがつかぬほどまでになった。永禄九年、杏之助は安高と揃いの武装で初めて合戦に出た。闘いの最中流れ矢が安高の左眼に突きささると、篠村は素早く杏之助に眼帯をさせて代らせた。傲然と戦野を駈ける杏之助を見て奮いたった全軍は敵の城中へ雪崩れ込んだ。

「第三の影武者」の解説

南条範夫原作『第三の陰武者』を「新選組始末記」の星川清司が脚色、「やくざの勲章」の井上梅次が監督した残酷時代劇。撮影は「新選組始末記」の本多省三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督井上梅次
出演市川雷蔵 高千穂ひづる 万里昌代 天知茂 小林勝彦 島田竜三 石黒達也
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「第三の影武者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:03:11

広告を非表示にするには