さぁ のはらへいこう 作品情報

さぁのはらへいこう

鎌倉の里山が育てた子どもたちの記録映画

神奈川県鎌倉市で、1985年から野外での自主保育を続けている「青空自主保育なかよし会」。谷戸と呼ばれる里山を拠点に、野山や海で遊ぶ保育グループだ。保育の基本は、手出し口出しをせず、そっと見守ること。子どもたちは、1歳から3歳までの3年間を自然の中で過ごす。野山に自生するサクランボの実に手を伸ばし、夢中で食べる1歳児たちの中に、小さな実を、無言で友と分け合う女の子がいる。2人に会話はない。分け合うことを、大人が教えたわけでもない。足場の悪い山道を歩く2歳児たち。山登りが得意な子は、不得手な子に手を差し出す。その手を借りた子は、甘えるだけではない。しゃくりあげながら、「じぶんで歩くよ」と立ち上がる。3歳児ともなると、ケンカが頻繁に起こる。自然の中で分かち合い、助け合う中で育んできたつながり……子どもたちは自身の力で解決していく。私たち大人は、未来を担う子どもたちに何を伝え、何を手渡さなければならないのだろうか。その答えは、3年間の記録に刻まれている。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年5月28日
キャスト 監督・脚本・編集桐野直子
ナレーション平野文
配給 記録社
制作国 日本(2011)
上映時間 116分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「さぁ のはらへいこう」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:03:07

広告を非表示にするには