朱花(はねづ)の月 作品情報

はねづのつき

カンヌに見出された河瀬直美監督の、到達点とも言うべき作品

朱花(はねづ)の月のイメージ画像1
朱花(はねづ)の月のイメージ画像2

奈良県飛鳥地方。朱花という色に魅せられた染色家の加夜子は、地元のPR誌編集者の恋人・哲也と長年一緒に暮らしている。数年前に移り住んできた木工作家の拓未は、古い民家を改築して新しい生活を始めた。そんな時、かつて同級生だった加夜子と再会、いつしか二人は愛し合うようになる。幸せで穏やかな時間を過ごす二人だったが、やがて加夜子が身ごもった事をきっかけに、平穏な生活に変化が訪れる事に…。

「朱花(はねづ)の月」の解説

2011年のカンヌ国際映画祭に出品された河瀬直美監督の最新作は、彼女のホームグラウンドである奈良を舞台に、染色家の女性と編集者の恋人、そしてかつての同級生で木工作家の男性との関係を描いたドラマ。古代より神々が宿る地とされている香具山、畝傍山、耳成山の“大和三山”を男女に見立てた万葉集の歌に通じる作品世界が、いにしえの時を彷彿とさせる飛鳥地方の風景とともに描かれる。カンヌに見出され、グランプリに輝いたカンヌの申し子河瀬監督、4度目の出品となった本作は、彼女の“到達点”と称賛されたという。16ミリフィルムに収められた飛鳥の風景、発掘の続く藤原宮跡、奥飛鳥の栢森集落など、古代が蘇ってきたかのような美しい映像は見もの。

朱花(はねづ)の月のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年9月3日
キャスト 監督・脚本・撮影・編集河瀬直美
原案坂東眞砂子
出演こみずとうた 大島葉子 明川哲也 麿赤兒 小水たいが 樹木希林 西川のりお 山口美也子 田中茜乃介
配給 東風
制作国 日本(2011)
上映時間 91分

(C)2011「朱花の月」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「朱花(はねづ)の月」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:03:02

広告を非表示にするには