隠密七生記('56) 作品情報

おんみつしちせいき

吉川英治の原作を渡辺邦男が監督した作品

剣雲碓氷峠の乱陣- 八代将軍吉宗は、家康公が尾張家のために遺した秘筥を手に入れようと早くから尾張中納言宗春のもとに隠密を送っていた。その一人、相楽三年は四年の苦節が実を結び野火焼の日、天守閣の鯱の眼球に隠された祕筥を手に入れた。天守閣警固の椿源太郎は同罪に問われたが、相楽と妹信乃とは結納まで交した間柄だっただけに裏切者三平を討ち祕筥を取戻そうと逃れる三平を追った。靭峠で追いついたが三平の刃に深傷を受け急場を薬草売姿のお駒に救われた。お駒の子分辰蔵は祕筥奪還を頼まれ成功したが総髪の武士鬼堂左源太に奪われてしまった。

「隠密七生記('56)」の解説

吉川英治の原作を「赤城の血祭」の共同脚色者の一人、関沢新一が山辺真と共同で脚色し、「びっくり捕物帖 女いれずみ百万両」のコンビ、渡辺邦男が監督、渡辺孝が撮影を担当した。主なる主演者は、「鍔鳴浪人」の大友柳太朗、「唄祭り 江戸っ子金さん捕物帖」の若山富三郎、「びっくり捕物帖 女いれずみ百万両」の阿部九洲男、宇治みさ子、「姿なき一〇八部隊」の中山昭二、「大学の武勇伝」の島崎雪子、「北海の叛乱」の安西郷子など。(二部作)(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渡辺邦男
出演大友柳太朗 若山富三郎 阿部九洲男 本郷秀雄 中山昭二
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「隠密七生記('56)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:02:46

広告を非表示にするには