サラリーマン出世太閤記 作品情報

さらりーまんしゅっせたいこうき

筧正典が監督した明朗サラリーマンもの

東南大学の木下秀吉と前田圭一郎は高校以来の友人だが性格は正反対。応援団員として若い情熱を燃やす秀吉を尻眼に、前田は就職運動に専念、日本自動車会社社長の姪、悦子と親しくなり、早くもコネをつけた。秀吉もタクシーの運転手をアルバイトに日本自動車入社を目だしていたが、就職試験の直前、佐藤教授から成績不良で大学の就職推せんに洩れてしまった。が、学生食堂パチクリ軒の娘エイ子に励まされ日本自動車社長に直か談判に出かけた。しかし運悪く秀吉は岡田係長にぶつかってしまった。

「サラリーマン出世太閤記」の解説

「続サザエさん」の笠原良三の脚本を「大安吉日」の筧正典が監督した明朗サラリーマンもの。撮影は「「動物園物語」より 象」の小泉一。主演は「「動物園物語」より 象」の小林桂樹、「あらくれ(1957)」の加東大介、「憎いもの」の安西郷子、「ロマンス誕生」の宝田明、「この二人に幸あれ」の白川由美、「東京だョおッ母さん」の東郷晴子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督筧正典
出演小林桂樹 加東大介 安西郷子
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サラリーマン出世太閤記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-10 00:01:51

広告を非表示にするには