紙風船 作品情報

かみふうせん

心に響く岸田國士が残した珠玉の台詞。80年の時を経ても変わらぬリアルな人間像を東京芸大生が映画化!

大正から昭和にかけて活躍した劇作家・演出家、岸田國士。演劇界では小劇団から商業演劇まで数多く上演され続け、1956年に巨匠成瀬巳喜男が氏の原作を映画化している。本作は、東京芸大生が氏の描く今も変わらぬ“リアル”に共感し映画化したもの。鎌倉・江ノ島の美しい情景を舞台に、それぞれの運命が今幕を開ける!江ノ島を舞台に繰り広げられる、淡いラブストーリー『あの星はいつ現はれるか』。世間と対峙する、男ふたりの不運なロードムービー『命を弄ぶ男ふたり』。セレブな家族が巻き込まれる、痛快コメディ『秘密の代償』。夫婦が過ごす憂鬱な日曜日の会話劇『紙風船』。4話で人間の普遍的な感情を描いた短編映画集。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年3月26日
キャスト 監督秋野翔一 廣原暁 眞田康平 吉川諒
原作岸田國士
出演仲村トオル 緒川たまき 大後寿々花 森岡龍 水橋研二 石田法嗣 高橋真唯 林剛史
配給 東京藝術大学
制作国 日本(2011)
上映時間 117分

(C)2011「紙風船」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「紙風船」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:02:08

広告を非表示にするには