END CALL 作品情報

えんどこーる

世界を震撼させた逆輸入ホラー日本解禁。戦慄の“携帯”都市伝説がついに上陸!

高校生の舞は、登校中に出会う堂島に一目惚れし、噂で聞いたある番号=禁番に電話をかける。それは願いごとをかなえてくれる代わりに通話時間の分だけ命が短くなるという呪われた番号だった。舞と堂島はめでたくつき合い始めるが、その頃から舞の周りで奇妙な出来事が起こり始める。超高額な携帯電話の請求書に、友達の涼子の自殺。しかもその原因は涼子が堂島にふられたせいだという。さらに大親友であったマコが緊急入院してしまう。果たして舞を襲う悲劇は禁番の呪いなのか。それとも……?

「END CALL」の解説

世界10ヶ国で公開された禁断のジャパニーズ・ホラー、緊急凱旋。アメリカ資本で製作され、アメリカ先行公開&DVD化で話題となり、イギリス、ヨーロッパへと上映を拡大。日本のホラーファンの間でもその存在だけは知られていたが観ることのできなかった幻の作品。キャストには『色即ぜねれいしょん』のオリーブ役でブレイクした臼田あさ美がキーパーソン役で出演。メガネ&制服姿を披露しているほか、「仮面ライダー」シリーズのヒロインで知られる芳賀優里亜、イケメンブームの真打ちともいえる小林俊、映画『愛のむきだし』や舞台での活躍もめざましい永岡佑など、旬な才能と魅力が顔をそろえている。脚本・監督は、渡部篤郎×井川遥主演の伝奇ホラー『水霊 ミズチ』を弱冠26歳で撮りあげた新鋭・山本清史。2003年にデビューして以来、映画は勿論のこと、テレビドラマ、ゲーム映像などで磨いてきた実力は海外でも評判となり、新世代ジャパニーズ・ホラーの旗手として話題を呼んだ。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年10月16日
キャスト 監督・脚本・編集山本清史
出演芳賀優里亜 小林俊 玲奈 永岡佑 松木里菜 神農幸 諏訪太朗 渡辺哲 臼田あさ美
配給 ティー・オーエンタテインメント
制作国 日本(2008)
上映時間 89分

The MonteCristo Fund LLC / T.O Entertainment(C)All Rights Reserved 2008

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「END CALL」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:01:13

広告を非表示にするには