マリア様がみてる 作品情報

まりあさまがみてる

今野緒雪による大人気ライトノベルシリーズ、待望の実写映画化!

カトリックを重んじる日本屈指のお嬢様学校、私立リリアン女学園。そこでは、生徒自身の自立性を重んじ、上級生が下級生に指導してゆく校風が自然と受け継がれている。その上級生と下級生の関係を“スール”といい、お姉さまからロザリオを受け取ると、姉妹関係の契りが成立する。お姉様がいるということは、下級生にとってステイタス。そして、一般の学校でいう生徒会となる組織を“山百合会”といい、ロサ・キネンシス(紅薔薇さま)、ロサ・ギガンテ ィア(白薔薇さま)、ロサ・フェティダ(黄薔薇さま)という3名とその妹たちで執りしきって いる。もちろん、選りすぐりのお姉さまと妹の集まりである。そんな学園で、平凡に学生生活を送る福沢祐巳が、ひょんなコトをきっかけに紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)の2年生のお姉さま小笠原祥子さまと出会い、妹になる申し出を受けることになった!もちろん、スターである祥子さまは、祐巳の憧れのお姉さま!でも、なんで妹に選ばれたのか分からない…。薔薇さまたち主催の学園祭での舞台「シンデレラ」を巡って、お姉さま・妹たちのドキドキ・ドタバタな数日間が始まる。

「マリア様がみてる」の解説

これまでにコミック化、アニメ化もされ、多くのファンに愛されてきた今野緒雪の大ヒットライトノベルを実写映画化。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年11月6日
キャスト 監督寺内康太郎
原作今野緒雪
出演平田薫 滝沢カレン 秋山奈々 坂田梨香子 高田里穂 三宅ひとみ 広瀬アリス 碓井将大
配給 ジョリー・ロジャー、リバプール、メ~テレ
制作国 日本(2010)

(C)今野緒雪/集英社・私立リリアン女学園

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-22

この映画を観たのは何年も前のことだ。だが華麗な映画だったから印象に残っている。何よりも乙女たちの繊細な心情を見事に描いている。滝沢カレンさんはキュートでとびっきりの美人だ。大好きだった。

最終更新日:2020-06-27 16:00:11

広告を非表示にするには