裁判長!ここは懲役4年でどうすか 作品情報

さいばんちょうここはちょうえきよねんでどうすか

裁判員制度に、笑いで物申す!

ライターの南波は、“愛と感動の裁判映画”の脚本を依頼され、取材のため初めて裁判を見学する。しかし、そこで見たのは、映画に見るようなドラマチックな法廷劇ではなく、収穫した大根の大きさ比べが原因での殺人事件など、ワイドショーのネタにもならない事件と、やる気のない裁判官の姿だった。南波は「ウォッチメン」と呼ばれる傍聴マニア3人組と親しくなるが、そこに怒声を響かせたのが美人鬼検事、長谷部真理だった。

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の解説

北尾トロの同名ベストセラーの映画化。裁判員制度の導入や、芸能人や報道を騒がした事件の裁判に群がり、ライブ感覚で傍聴する人々をキツく笑い飛ばした法廷コメディ。「愛と感動」でヒットを狙うプロデューサーは、裁判員制度をヒントに裁判映画を企画する。しかし、現実の裁判所に、愛と感動はないのだった。主演はコント職人としてだけでなく、番組MCなど活躍の場を広げる、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統。芸人らしくないクールなルックスと演技のセンスに、俳優としても期待大。共演は、片瀬那奈、螢雪次朗、村上航、尾上寛之、鈴木砂羽ほか。自ら傍聴マニアである、芸人・阿曽山大噴火も出演している。監督は、『ソフトボーイ』の豊島圭介。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年11月6日
キャスト 監督豊島圭介
原作北尾トロ
出演設楽統 片瀬那奈 螢雪次郎 村上航 尾上寛之 鈴木砂羽 木村了 堀部圭亮 斉藤工 徳永えり 大石吾朗 前田健
配給 ゼアリズエンタープライズ
制作国 日本(2010)
上映時間 95分

(C)2010「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「チャー」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-11-09

ちょこちょこ プププッと笑えるが、「えっ、これで終わりなん?」って感じの終わり方だったし、盛り上がりもちょっと足りなくて、最後は物足りなく感じた。 だけど普通の人の生活が、事件として裁判で明らかにされると、ワイドショーのネタみたいになってるのが 面白かったし、傍聴の細かい事を全然知らなかったけど、分かりやすくてタメになった。

最終更新日:2017-01-27 15:43:54

広告を非表示にするには