少女戦士伝シオン 作品情報

しょうじょせんしでんしおん

愛と欲望と名誉のため命を賭うして戦う十二名の少女戦士。

遥か未来…風の時代といわれた頃、其の国は十二支といわれた子(し)、丑(ちゅう)、寅(いん)、卯(ぼう)、辰(しん)、巳(し)、午(ご)、末(び)、申(しん)、酉(ゆう)、戌(じゅつ)、亥(がい)の十二の部族で統治されていた。十二年に一度、年の始めに十二支の国を纏める大族長を決めるために一同が集まり武冠陰陽試合が行われた。武冠陰陽試合とは、各族長から選ばれし十二名の少女戦士が己の命をかけて六賢の塔に入塔し仁・忠・義・智・勇・慈と書き写されてある六賢の宝玉を見つけ出し、一番先に六賢の宝玉を塔内に奉っている社に御奉納できた族者が十二支を統括する大族長に選ばれるという、命をかけた大試合であった。それぞれの部族の誇りを心に秘め、六賢の塔に立つ選ばれし十二名の少女戦士の闘いが今始まる…。

「少女戦士伝シオン」の解説

慈愛の心と剣の才能を隠し持った少女戦士シオン役には、これからの注目株の新人、父に国広富之をもち俳優としての才能を輝かせる谷内里早。スタッフは、脚本と監督に劇映画「ベースボールキッズ」の瀧澤正治。共同脚本には、「メトロガイドいい店見つけた」の著者であり、劇映画「ベースボールキッズ」の原作でもある「マイ・ベスト・デイズ」の著者の椎名勲。12名の少女キャストによる純な魅力満載のファンタジック・エンターテインメント作品。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年8月20日
キャスト 監督・脚本瀧澤正治
脚本椎名勲
出演谷内里早 安倍エレナ 松岡茉優 北出菜穂 山田さくや 河口舞華 黒須優菜 金すよん 山本憂奈 江原美優 武田梨奈 加藤朝貴
制作国 日本(2010)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「少女戦士伝シオン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:00:45

広告を非表示にするには