わが青春のとき 作品情報

わがせいしゅんのとき

昭和19年の朝鮮を舞台にに様々な厳しさの中で真実の愛をみつけ、人間として目覚め、強く生きぬく人妻を描く

昭和19年、冬。戦時色一色に塗りつぶされている朝鮮のある都市。23歳の美しい人妻上条圭子は夫、浩太郎と親子ほども年齢がちがう。圭子は掠奪されるように結婚を強いられたために夫婦の間には、愛のひとかけらもなく、浩太郎には金と権力が全てであった。ある日、圭子は村はずれの道を連行されていく四宮病院の医師、江原望を見た。彼は休日を利用して雉射ちに来たのだが、その銃声が朝鮮人たちに警察の動きを察知されたという事で逮補されたのだった。数日後、圭子は雉小屋にひそんでいた朝鮮人の少年を逃そうとしたが、浩太郎がぷ射殺してしまった。

「わが青春のとき」の解説

小林勝原作の『狙撃者の光栄』の映画化。脚本は立原りゅうと山内久、監督は「若者たち」の森川時久、撮影は黒田清巳がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森川時久
出演栗原小巻 山本圭 三國連太郎 小林桂樹 村地弘美
制作国 日本(1975)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「わが青春のとき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:00:38

広告を非表示にするには