乱暴と待機 作品情報

らんぼうとたいき

愛欲と復讐の危険な相関関係

郊外の市営住宅に超してきた番上夫妻。失業中の夫に代わり、大きなお腹を抱えスナック勤めを続ける妻のあずさは、近所の山根家を訪れて驚愕する。そこには高校時代に自分を酷く傷つけた許し難い女・奈々瀬が、実の兄でもない英則を「お兄ちゃん」と呼び一つ屋根の下で暮らしているではないか。妙に男の気を引く奈々瀬を見る夫の視線に心穏やかでないあずさは、ある日、山根家で二段ベッドの真上の天井に覗き穴を発見する。

「乱暴と待機」の解説

いい年をした男女が二段ベッドに横たわる。それだけでも異様である。さらに「覗き」によってパラレルな緊張関係を維持しているらしい。爆笑ものの喜劇的センスを発揮する国際派俳優・浅野忠信と、蜷川幸雄や野田秀樹の舞台で活躍する美波が、癒しがたい過去の傷を抱え報復の時を待ち続ける英則と奈々瀬に扮し、過激な可笑しさを提供してくれる。彼らの過去も現実も小池栄子と山田孝之が演じるタフな妊婦・あずさと、そのヒモ亭主・番上の登場で、白日の下にさらされることになるのだが。『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』に続く本谷有希子原作の映画化である。監督は『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』で異彩を放つ冨永昌敬。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年10月9日
キャスト 監督・脚本・編集冨永昌敬
原作本谷有希子
出演浅野忠信 美波 小池栄子 山田孝之
配給 メディアファクトリー、ショウゲート
制作国 日本(2010)
年齢制限 PG-12

(C)2010『乱暴と待機』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「奈々枝」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-17

好きか嫌いか、はっきり分かれる作品かも。四人共それぞれ変なんだけど、浅野忠信に一番笑いが起こっていた。原作は知らないけど、とにかく今までに観た事ない部類の作品だった。


レビューを投稿する

「乱暴と待機」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-30 00:01:11

広告を非表示にするには