赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道 作品情報

あかげのあんぐりーんげーぶるずへのみち

30年以上の時を経てなお衰えない不朽の名作アニメ「赤毛のアン」の再編集版

赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道のイメージ画像1

カナダのグリーンゲーブルズに住むマシュウとマリラの兄妹の下に孤児院から引き取られた赤毛の少女・アン。しかし、兄妹は働き手として男の子を期待していた。あまりにもグリーンゲーブルズでの生活に胸を躍らせるアンに、手違いであることを告げられずにいるマシュウ。だが、人嫌いなマシュウは次第に空想好きで天真爛漫な少女に好感を抱き始め、マリラもアンの身の上話を聞くうちにアンに対して不思議な魅力を感じ始めていた…。

「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道」の解説

1908年に出版され、日本では1979年にテレビアニメとして放送されて高い評価を得たモンゴメリの名作「赤毛のアン」。本作は全50話あるテレビシリーズの1~6話を、当時演出を務めた高畑勲が自ら監修して再編集した劇場版だ。実は編集自体は1989年に行われていたが、諸事情により公開には至らなかった名編集。それがついに公開の運びとなったのである。「赤毛のアン」冒頭を丁寧に描き、物語を知っていても知らなくても十分楽しめる。どんな苦境であろうともその中で楽しさを見出す豊かな空想力を持つアンの魅力は今見てもいささかも衰えていない。また、デジタルでは表現できないような美しいグリーンゲーブルズの温かい風景も必見だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年7月17日
キャスト 監督・脚本高畑勲
原作ルーシー・モード・モンゴメリ
脚本千葉茂樹 磯村愛子 神山征二郎
場面設定・画面構成宮崎駿
声の出演山田栄子 北原文枝 槐柳二 羽佐間道夫
配給 三鷹の森ジブリ美術館
制作国 日本(1989)
上映時間 100分

(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.“赤毛のアン (tm)AGGLA”

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-15

高畑勲展では本篇ジオラマ或いは舞台と為ったアルプス小屋のロケーションが再現,NHK日曜美術館でも紹介された場面で開放的なアンの姿が見事だった。生き生きとした柔らかな肌の感じは白鳥の歌の〈かぐや姫の物語〉の赤ちゃんのシーン迄一貫

最終更新日:2019-10-20 16:00:05

広告を非表示にするには