忍邪 作品情報

にんじゃ

戦国を舞台に描く、バイオ・ソリッド・サスペンス!

天正九年(1581)。伊賀の国は織田と甲賀の連合軍により攻め入れられようとしていた。鈎摘、虎鋏、独鈷の伊賀で最も腕の立つ下忍たちは、上忍の命により、埋火という謎の下忍の護衛を命じられる。3人は埋火を甲賀との国境まで連れて行けば良いと言われたのであった。しかし、埋火は死病を患った下忍だった。伊賀の上忍は、隔離されていた秘密の里に住む埋火の体内に潜む死病を使って甲賀と織田の連合軍の侵入を押しとどめようと考えたのだった。それを知った時には既に死病に感染していた。慌てた彼らは、埋火を国境まで連れて行き、甲賀にその存在を見せつけ、真夜中の子の刻までに里に戻らねば、死病に効くと言われる解毒剤を手に入れられず死ぬことになってしまう。鈎摘たちはその道程に現れた、埋火を使うことを反対とする伊賀の別の里の忍びの邪魔をはねつけ、国境にやっと辿り着く。しかし、そこには思わぬ裏切りが待ち受けていた‥‥。

「忍邪」の解説

人間兵器・伝染病・バイオテロを題材とした全く新しい忍者映画。主人公・鈎摘は、TBS「水戸黄門」で格さん役を演じ、現代劇からバラエティまで幅広く活躍する合田雅吏。虎鋏を演じるのは、『ハード・リベンジ・ミリー』『SHINOBI』においてタフでリアルなアクションを見せつけた虎牙光揮。手裏剣の使い手・独鈷を演じるのは、『犯人に告ぐ』TV「ブラッディ・マンディ」、WOWOW「パンドラ」で活躍の永倉大輔。また、『どこに行くの?』『カミュなんて知らない』の柏原収史が、謎の忍び・埋火を演じている。監督は『巌流島 GANRYUJIMA』で監督・脚本を務めた千葉誠治。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年6月19日
キャスト 監督・脚本・編集千葉誠治
出演合田雅吏 虎牙光揮 柏原収史 豊川めい 永倉大輔 島津健太郎 三元雅芸 ジェリー藤尾
配給 スタジオビコロール
制作国 日本(2010)
上映時間 70分

(C)2010 Studio Bicolor Co.Ltd

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「忍邪」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:00:09

広告を非表示にするには