おにいちゃんのハナビ 作品情報

おにいちゃんのはなび

花火に託した兄と妹の想いを感動的に描く

病気がちな16歳の華の療養のため、5年前に新潟県の小さな町へと引っ越してきた須藤一家。世界一の花火が打ち上げられる“片貝まつり”が行われる9月9日、半年間の入院生活を終え自宅に戻った華は、兄の太郎が引きこもりになっているのを目の当たりにする。両親はなすすべもなく、ただ見守っているだけだったが、華は昔の明るい兄を取り戻そうと、強引に外に連れ出そうとする…。

「おにいちゃんのハナビ」の解説

新潟県小千谷市で行われる、400年の歴史をもつといわれる“片貝まつり”をモチーフに、余命わずかな少女と兄の絆を描く、実話を基にした感動作。主演は『ソラニン』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』など出演作が続く高良健吾と、『リアル鬼ごっこ』『おろち』など、こちらも引っ張りだこの谷村美月。誰もが認める若手実力派2人の演技に脱帽。特に、白血病と闘う妹役の谷村が、頭を丸刈りにして撮影に挑んだことも話題になった。クライマックスの花火大会のシーンは、花火=作品をプロデュースした者たちのそれぞれの“想い”が明らかとなり感動を呼ぶ。藤井フミヤが書き下ろした主題歌「今、君に言っておこう」のメロディも涙を誘う。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年9月25日
キャスト 監督国本雅広
脚本西田征史
主題歌藤井フミヤ
出演高良健吾 谷村美月 宮崎美子 大杉漣 早織 尾上寛之 岡本玲 佐藤隆太 佐々木蔵之介 塩見三省
配給 ゴー・シネマ
制作国 日本(2010)
上映時間 119分

(C)2010「おにいちゃんのハナビ」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.83点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「ヨリ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-14

たまたまだろうが、この夏 公開の三作品に 宮崎美子さんがお母さん役で出ていたが、今回が一番シックリきていて 良かった。 最後らへんはちょっとクールダウンしたが、実話を元にしているとの事。家族や愛おしい人を思いやる花火は素晴らしいと思う。

最終更新日:2017-01-27 15:43:56

広告を非表示にするには