肉体の悪魔(’47) 作品情報

にくたいのあくま

レイモン・ラディゲの同名の小説から、「乙女の星」のクロード・オータン・ララが監督する1947年作品

第一次大戦も終りを告げようとしていた頃、パリ近郊のリセに通学するフラソソワ・ジョーベエル青年は学校に開設された臨時病院の見習看護婦マルトと知り合った。彼女は出征兵ラコンブ軍曹と婚約の間柄であったが、フランソワの強気な情熱に惹かれて動揺した。しかしこの恋は、フランソワの自制とマルトの母の牽制で中断され、フランソワが田舎へ逃避している間にマルトはラコンブと結婚した。半年後、再び学校でめぐり合った二人は再び燃上った。

「肉体の悪魔(’47)」の解説

撮影は「悪魔の美しさ」のミシェル・ケルベ、音楽は「二つの顔」のルネ・クロエレックの担当。主演は「呪われた抱擁」のミシュリーヌ・プレールと「輪舞(1950)」のジェラール・フィリップで、以下ジャン・ドビュクール、ドニーズ・グレー、ピエール・パローらが助演。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督クロード・オータン・ララ
出演ミシュリーヌ・プレール ジェラール・フィリップ ジャン・ドビュクール
制作国 フランス(1947)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-11

東京都庭園美術館の〈エキゾテックモダン展〉にはマルセル・レルビエ監督の無声映画・クラシックの「人でなしの女」を基にした本展示に因む映像が上映されていた…。身体・機械・実験と云う其のテーマは異境と文明とを繋ぎ画家フェルナン・レジェや本監督クロード・オータン・ララ等とも深く関与して居たんだよ


レビューを投稿する

「肉体の悪魔(’47)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-16 16:00:07

広告を非表示にするには