ゲキ×シネ『蜉蝣峠』 作品情報

げきしねかげろうとうげ

劇団☆新感線×クドカン=アウトローたちが暴れまくる、ダーティ・エンターテインメント的冒険活劇!

蜉蝣峠で暮らしていた記憶喪失の男・闇太郎。彼は元旅役者の銀之助と一緒に蜉蝣峠を下り、ろまん街と言う宿場町にやって来た。そこでは、天晴と立派というヤクザ者が勢力争いを繰り広げていた。実はその街は、25年前に大通り魔という殺人鬼に襲われ、街を牛耳っていた大親分も殺されていたのだ。盲目の老人・がめ吉の証言で、闇太郎はその事件の生き残りだということがわかる。そして、闇太郎は幼なじみのお泪と再会するのだが…。

「ゲキ×シネ『蜉蝣峠』」の解説

劇団☆新感線の舞台を16台のデジタルシネマカメラで撮影し、映画化したゲキ×シネ7作目は“いのうえ歌舞伎☆壊<PUNK>”と銘打たれたパンクな時代劇だ。古田新太は、記憶がない主人公を独特の無表情で不気味に演、堤真一はアウトロー・天晴を色っぽく冷酷に演じている。ならず者たちが跳梁跋扈する冒険活劇だが、新感線らしい歌と踊りも健在。高田聖子、橋本じゅんら、新感線の看板役者たちが派手に舞台を盛り上げている。宮藤官九郎脚本らしく、毒のあるネタも満載だが、積み重ねた伏線が怒涛のように終息していく展開は、さすがの一言。新感線ファンはもちろん、芝居を観たことがない人にも観て欲しい、エンターテインメント作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年2月13日
キャスト 出演古田新太 堤真一 高岡早紀 勝地涼 木村了 梶原善 粟根まこと 高田聖子 橋本じゅん
配給 ヴィレッヂ、ティ・ジョイ
制作国 日本(2010)

(C)2010 ヴィレッヂ 劇団☆新感線

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ゲキ×シネ『蜉蝣峠』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-19 00:01:10

広告を非表示にするには