書の道 作品情報

しょのみち

様々なクセのあるキャラクターたちが、自らの手で自らの道を切り開く前向き青春ストーリー!!

ボクシングに挫折した駿一は、目標もなく大学に進学する。そんな駿一が、偶然“書道”と出会い、仲間と出会い、かけがえのない自分の進むべき道を見つけ出す。部長のもと、書道部員たちは全国大学書道大会へ向けての特訓を始める。どこか書道と向き合っていなかった部員たちも駿一の気合に影響されはじめ、書の道を極めるほどに、人間としても成長していく…。一方、駿一の幼馴染でジムの練習生である健太郎は、プロテスト合格に向けてトレーニングを続ける日々を送る。書道とボクシング。お互いに歩む道は違えども、目指すものの大きさに変わりはない。2人は互いに励ましあい、切磋琢磨しながら、絆を深めていく。朝から夜明けまで墨にまみれて書と向き合う駿一ら書道ボーイズたち。筋トレ地獄や百本写経など様々な課題をクリアし、いざ!コンクールへの作品作りへ!そして、健太郎もプロテストの日が近づく。

「書の道」の解説

主演にはD-BOYSメンバーで『櫻の園』『赤い糸』の柳下大、「炎神戦隊ゴーオンジャー」にゴーオンレッド役で初主演を務めた古原靖久、そして「超星艦隊セイザーX」でビートルセイザーを演じた三浦涼介、D-BOYSメンバーでNHK「趣味の園芸」、TX系「和風総本家」など多方面に活躍の場を広げる牧田哲也、ドラマ「執事喫茶にお帰りなさいませ」に主演の河合龍之介と、今をときめく演技派イケメン男子が集結!(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年12月26日
キャスト 監督川野浩司
出演柳下大 古原靖久 三浦涼介 牧田哲也 河合龍之介 平田弥里 小池里奈 篠井英介
配給 Thanks Lab.
制作国 日本(2009)
上映時間 93分

(C)2009「書の道」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「書の道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:58

広告を非表示にするには