Dear Heart -震えて眠れ- 作品情報

でぃあはーとふるえてねむれ

心臓移植によって殺人鬼に…実例をもとにしたサスペンスホラー

水島美輪子は、ミステリー作家の夫・信二を伴って、高原にある別荘を訪れた。心臓移植の手術をしたばかりの夫は小説の執筆に取りかかるが、何かに怯え、やがて少しずつ人格が豹変していく。そんな信二の様子に美輪子は戸惑い、その原因を探ろうと、別荘の管理人で甥の武とともに東京に戻る。そこで美輪子は、信二の主治医・三田に会い、実は心臓のドナーが連続殺人犯だったと聞かされるのだった。

「Dear Heart -震えて眠れ-」の解説

心臓移植とともに宿されたドナーの記憶によって人格が豹変していく男と、その妻を襲う恐怖を描くサイコ・スリラー。心臓移植によって趣味嗜好が変化するという数々の実例をもとにしているという。主演は、女優としての円熟味が増す高島礼子。妻の視点から、スタンリー・キューブリックの『シャイニング』を彷彿とさせる人間の狂気が描かれる。優しい夫から一転、シリアルキラーの心が転移した男を榎木孝明が怪演。その他、加藤和樹、西村雅彦、島田陽子など、共演陣も豪華な顔ぶれだ。メガホンをとるのは『象の背中』などの井坂聡監督。それぞれのキャストの新なる恐怖の一面を引き出すことに成功しており、先の読めない展開から目が離せない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年12月5日
キャスト 監督井坂聡
出演高島礼子 榎木孝明 加藤和樹 西村雅彦 島田陽子
配給 エクセレントフィルムパートナーズ、ゴー・シネマ
制作国 日本(2009)
年齢制限 R-15
上映時間 87分

(C)2009 「Dear Heart-震えて眠れ-」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「Dear Heart -震えて眠れ-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:45

広告を非表示にするには