板尾創路の脱獄王 作品情報

いたおいつじのだつごくおう

鬼才映画監督・板尾創路、ここに誕生! 脱獄を繰り返す囚人の謎に迫るクライム・サスペンス

昭和初期。胸に逆さ富士の刺青を持つ男・鈴木雅之が信州第二刑務所に移送されてきた。彼は過去2度の脱獄に成功しているいわく付きの囚人だ。今回も収監直後に脱獄したが、刑務所近くの線路で捕縛されてしまう。その後何度も脱獄を繰り返し、その度に再捕縛される鈴木。そんな彼の存在に対し、看守長の金村は興味を持ち始める…。彼が脱獄を繰り返す理由とは一体何なのだろうか?

「板尾創路の脱獄王」の解説

お笑い芸人としてはもちろん、俳優やエッセイストなど幅広い分野で才能を見せる板尾創路。そんな彼が満を持して映画監督というフィールドに進出し、撮り上げたのがこの作品だ。不安定な空気の漂う昭和初期の刑務所を舞台に、脱獄を繰り返しては捕まるある囚人の姿を描いたクライム・サスペンスで、常習的な脱獄の理由に迫っていく内容。板尾監督自らが演じた囚人・鈴木の圧倒的な存在感と暗く沈んだ雰囲気、そしてこれ見よがしにばら撒かれたメタファー的演出で、観客を板尾ワールドへとずるずる引きずりこんでいく。そしてラストに待つ驚愕の展開。そこであなたは鬼才・板尾創路自身の、作品からの華麗なる“脱獄”を目にするはずだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年1月16日
キャスト 監督・脚本・出演板尾創路
出演國村隼 ぼんちおさむ オール巨人 木村祐一 宮迫博之
配給 角川映画
制作国 日本(2009)
上映時間 94分

(C)2009「板尾創路の脱獄王」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「ちょめ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-01-31

面白かったです。ちょっと痛い、気持ち悪い表現がでてきますが…。そこまでひどくないので、大丈夫かなと思います。ぼんちおさむさんを、かっこいいと思ったのははじめてでした。ラストで、肩の荷が降りるような安堵感がありました。気負わず吉本が好きなら、見たほうがいいですよ~。

最終更新日:2017-01-27 15:44:12

広告を非表示にするには