1000年の山古志 作品情報

せんねんのやまこし

中越大震災で全村崩壊した山古志村、人々は如何にして、故郷を取り戻したのか

2004年10月23日、新潟県中越地方を襲った中越大震災は長岡市と合併寸前の山古志村を全村崩壊させた。地震発生の翌日、 当時の村長・長島忠美は全村避難を発令して住民達は自衛隊のヘリコプターで長岡市へ避難した。「もう、山古志へは永久に戻れないかも知れない」ヘリから見える山古志村の惨状に人々はそう思った。中越大地震は国が想定していた防災活動の枠を大きく超えていた。山の斜面崩壊と芋川の氾濫による集落水没が重なり、排水作業のために最新の土木技術と膨大な作業員が投入されたが、2年続きの豪雪が山古志を襲い工事が思うように進ない。全ての資産や仕事を奪われた住民達は仮設住宅へ避難し 人生の岐路に遭遇する。やがて、故郷への想いに後ろ髪を引かれる気持の中で、30%の人たちが村を離れ他の地域に移住した。2006年の春から、山古志は徐々に避難解除され、住民達は仮設住宅から集落へ通い住居や田畑の復修作業に取り組み始めた。それは大変な苦労だったが、少しずつ復興の兆しがみえてきた。

「1000年の山古志」の解説

2007年から8年にかけて、確実に復興を進めて行った山古志だったが、それは単に昔の姿に戻る事ではなかった。この甚大な災害に直面したことで、住民の一人一人が自分と向かい合い「山古志へ戻る事」や「山古志で生きる事」の意味を考えるようになった。中越大震災が勃発してから間もなく五年目の秋が巡ってくる。帰村した人々は周囲の山々を見ながら、先人たちが生き続けた1000年余の様々な試練の時間に思いを馳せる。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年10月10日
キャスト 監督橋本信一
ナレーション長谷川初範
配給 「1000年の山古志」上映事務局
制作国 日本(2009)
上映時間 119分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「1000年の山古志」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:35

広告を非表示にするには