婚期 作品情報

こんき

「おとうと(1960)」の水木洋子のオリジナル・シナリオを、「女の坂」の吉村公三郎が監督した喜劇

唐沢卓夫は春山荘を経営する事業家だが、家の中が面白くないので妾をかこっている。仕事には敏腕だが金にはきたないエゴイストである。妻の静は、卓夫の妹の波子に鳩子、弟の典二郎をかかえ、封建的な生活に自分一人がたえ忍んでいるような顔をしているが、実は心の奥では何を考えているのか分らないポーカーフェイス。ある日、静の許に一通の手紙が舞いこんだ。

「婚期」の解説

「おとうと(1960)」の宮川一夫が撮影した。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督吉村公三郎
出演若尾文子 野添ひとみ 京マチ子 船越英二 弓恵子 三木裕子 六本木真 片山明彦 高峰三枝子 藤間紫
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「婚期」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-16 00:01:05

広告を非表示にするには